精油の正体

精油とはいったい何なのだと思う方もいることでしょう。
植物の精油は有機化合物であり、たくさんの天然化学物質の集合体です。

これらの有機化合物はその構造や作用がそれぞれ異なりますが、香りや作用によって精油の特徴が決まってきます。
また精油がどこにあるのかですが、精油は植物の細胞組織のなかの油胞とよばれる場所にあり、分泌腺で合成されています。
精油の多い柑橘類などは果皮の表面近くに油胞がありますので、精油が取り出しやすく抽出できる量も多くなります。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.