精油の特徴と品質の違い

精油は、芳香性、揮発性、親油性という3つの特徴があります。
精油の原液は想像以上に強い香りがします。したがって実際に精油を使用する場合はベースオイルを使って希釈するか、
お湯などに落とす場合はほんの数滴しか使いません。

揮発性の高い精油は空気中に放置しておくだけですぐに蒸発していきます。
揮発性のよさが芳香浴を可能としています。また親油性が高いことから、
アロマ精油はマッサージなどで使う場合に希釈剤としてのベースオイルと混ぜて使いやすいという利点があります。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.