生理のときの脱毛について

生理になってしまうと、無駄毛の処理について悩む人も多いのではないでしょうか。
生理になっていると、肌はホルモンバランスが乱れてしまうことによって、かなり敏感になって傷つきやすくなっているときでもあります。

生理の時期の前後には、例えば肌ににきびができやすくなってしまっていたり、乾燥しやすくなっているということもあります。逆に、脂っぽくなってしまうことも、ホルモンバランスが崩れていることに影響があります。

そして、生理のときには貧血気味になっている時期でもあります。血のめぐりが悪くなっているために、これが原因となって肌の調子が悪くなっていることもあるのですね。
無駄毛の処理については、剃るということでも抜くということでも、また染めるということでも、ある程度は肌に対して負担がかかってしまうものです。そのため、この生理の時期に除毛や脱毛をするということは避けるべきことなのです。
エステサロンで脱毛をするときも、これは同じことがいえます。エステティシャンからは、生理であるかどうかということは必ず聞かれることになります。もし生理の時期であれば、そのときの脱毛処理については、基本的に断られることになるでしょう。

生理の時期に脱毛の施術を敢行してしまうと、肌がひりひりしてしまったり、乾燥がひどくなってしまうということもあるのです。
肌の状態がひどいときには、脱毛のときにはさらに痛みが強くなってしまい、ストレスになるということもあります。生理のとき、ホルモンバランスの関係から体毛が普段ノ状態と違うことが多くありますが、気分をリラックスさせて落ち着いていれば、生理の体とも上手に付き合うことができるでしょう。ただ、医学的には脱毛をすることは不可能、というような根拠はありません。

生理のときには脱毛や除毛を行わないようにするということが一番です。しかし、それでもどうしても脱毛をしたいということもあるかもしれませんね。そんなときには、場所を選ぶことで脱毛をすることもできます。
脇の下、ひざの下、肘下などについては、生理の間であっても、多少痛みは強くなるかもしれませんが脱毛をすることができますね。ビキニライン、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛などの場合にも、生理の間でも脱毛をすることはできますが、やはり生理のときにはこのあたりの脱毛は次回に回してもらったほうがいいかもしれませんね。

生理のときを除くと、通うことができる日数がかなり限定されてしまって、期間のうちに脱毛をすることができないというようなトラブルもあるといいます。なので、脱毛を検討しているときには生理のときの対応についてもしっかりと確認しておきましょう。
脱毛をしたときには、アフターケアについてもしっかり気を使うように意識しましょう。

This entry was posted in 生理のときの脱毛について. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.