精油の安全性

精油は自然の植物から抽出されたものですから、市販の精油を使用するぶんには安全性について心配することはありません。
ただし植物によっては毒性があるものもありますし、安全なものでも体質に合わないオイルもありますので精油に関する知識をもつことは必要なことでしょう。

Posted in アロマ情報 | 精油の安全性 はコメントを受け付けていません。

精油の正体

精油とはいったい何なのだと思う方もいることでしょう。
植物の精油は有機化合物であり、たくさんの天然化学物質の集合体です。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 精油の正体 はコメントを受け付けていません。

精油の抽出方法について

精油の抽出方法は精油成分によっても異なりますが、いちばん多く用いられているのは、水蒸気蒸留法、圧搾法、溶剤抽出法の3つです。
とくに抽出装置が安価で済む水蒸気蒸留法はいちばん多く採用されています。
なおこれら3つの抽出法以外にもマセレーション法(温浸法)、アンフルラージュ法(冷浸法)、超臨界抽出法(液化二酸化炭素抽出法・CO2蒸留法)などがあります。

Posted in アロマ情報 | 精油の抽出方法について はコメントを受け付けていません。

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法は、原料植物を蒸留釜に入れ、そこに水蒸気を送り込んで、熱によって遊離・気化させます。
そしてこの蒸気を今度は冷却して液化すると芳香成分を含んだ精油と芳香蒸留水が分離して取り出せます。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 水蒸気蒸留法 はコメントを受け付けていません。

圧搾法

“圧搾法は、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、マンダリン、ゆずといった柑橘系の果皮を使って精油を抽出する際によく使用されます。
柑橘系の油胞はハーブや草花にくらべてたくさんの精油が貯蔵されています。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 圧搾法 はコメントを受け付けていません。

溶剤抽出法 溶剤抽出法

“溶剤抽出法は、熱や圧力、水などで精油成分が破壊されてしまうような原料植物から精油エッセンスを抽出するような場合に用いられる抽出方法です。
この方法では、温めた揮発性溶剤に原料植物を入れてできる精油成分とほかの物質の混合物を、
エタノールを使い分離させたうえで、アルコールを蒸発させて精油を得ます。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 溶剤抽出法 溶剤抽出法 はコメントを受け付けていません。

精油の特徴と品質の違い

精油は、芳香性、揮発性、親油性という3つの特徴があります。
精油の原液は想像以上に強い香りがします。したがって実際に精油を使用する場合はベースオイルを使って希釈するか、
お湯などに落とす場合はほんの数滴しか使いません。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 精油の特徴と品質の違い はコメントを受け付けていません。

産地や天候による精油の品質の違いについて

アロマテラピーで使用される精油は、原料植物の産地や産地の気候によって香りや品質が変わります。
芳香植物の種類は現在200種類ほどあるとされますが、世界各地で栽培されるものもありますし、特定の地域でしかとれない植物もあります。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 産地や天候による精油の品質の違いについて はコメントを受け付けていません。

精油は何から出来ているのでしょうか?

精油は、脂腺のある芳香植物の細胞組織にある、脂胞とよばれる小さな袋にたまっており、
脂腺の多い柑橘類などは精油がとれますし、脂腺の少ない花や草の精油は希少な精油となります。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 精油は何から出来ているのでしょうか? はコメントを受け付けていません。

精油の性質

アロマテラピーを実践するうえで、精油の基本的な性質を理解しておくことは大事なことです。
まず精油は原液のままだとかなり強い香りがします。
Continue reading »

Posted in アロマ情報 | 精油の性質 はコメントを受け付けていません。