精油は何から出来ているのでしょうか?

精油は、脂腺のある芳香植物の細胞組織にある、脂胞とよばれる小さな袋にたまっており、
脂腺の多い柑橘類などは精油がとれますし、脂腺の少ない花や草の精油は希少な精油となります。

たった1滴の精油を取り出すのに大量の原料植物が必要なものもあり、こうした精油は価格も高くなります。
また精油は単一成分ではなく数百ともいわれるほどたくさんの組織成分からできており、当然これらは100%天然の化学物質です。
また精油は植物の種類によっても抽出方法が異なり、この抽出方法によってもオイルの質に違いがでてきます。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.