爪にいい食事

外側からのネイルケアをすることも大事ですが、同時に内側からの爪のケアをすることも大事です。
そのために必要になるのは、栄養のある食事をするということです。

爪に必要になる栄養素としては、まずたんぱく質があります。動物性たんぱく質の場合には爪に弾力性を与え、植物性たんぱく質の場合には爪を丈夫にしてくれます。そして、ビタミンです。ビタミンAは抗酸化作用があり、薄い爪でも硬く丈夫にしてくれます。ビタミンB2は細胞の再生や成長を促し、爪だけではない皮膚や髪の毛、歯の形成にも役立つものです。また、カルシウムや鉄などのミネラルなども必要になります。これにより、健康な歯や骨、爪を形成することができるようになります。爪、髪の毛の主な成分はケラチンというたんぱく質が変化したものになっています。

つまり、爪にとって必要な栄養素というのは、髪の毛にとっても必要なものということです。なので、たんぱく質を摂取することを意識してみてください。外側からのネイルケアをすることも大事ですが、同時に内側からの爪のケアをすることも大事です。そのために必要になるのは、栄養のある食事をするということです。爪に必要になる栄養素としては、まずたんぱく質があります。動物性たんぱく質の場合には爪に弾力性を与え、植物性たんぱく質の場合には爪を丈夫にしてくれます。そして、ビタミンです。ビタミンAは抗酸化作用があり、薄い爪でも硬く丈夫にしてくれます。ビタミンB2は細胞の再生や成長を促し、爪だけではない皮膚や髪の毛、歯の形成にも役立つものです。また、カルシウムや鉄などのミネラルなども必要になります。これにより、健康な歯や骨、爪を形成することができるようになります。爪、髪の毛の主な成分はケラチンというたんぱく質が変化したものになっています。つまり、爪にとって必要な栄養素というのは、髪の毛にとっても必要なものということです。なので、たんぱく質を摂取することを意識してみてください。

LINK
■5,000円以上で送料無料!大阪堺の老舗の和菓子はギフトに喜ばれます。お中元やお歳暮にいかがですか。
池袋の居酒屋を東口でお探しなら青龍門がおすすめです。

This entry was posted in 爪にいい食事. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.