アロマオイルの活用法

・ハンカチに染み込ませる
ハンカチにアロマオイルを染み込ませるのはアロマを楽しむうえではいちばん手軽な方法となるでしょう。

ハンカチに染み込ませる精油は1~2滴で十分です。日中はデスクのうえに置いておくこともできますし、寝るときは枕元に置いてもよいでしょう。ただし精油によっては色がつきますので、ハンカチの代わりにティッシュを使ってもよいでしょう。

・芳香拡散器
市販のキャンドル式芳香器、電気式芳香器を使って部屋のなかに香りを拡散させます。部屋の広さにもよりますが、アロマオイルは1滴から5滴までで十分です。キャンドルを使う場合は無臭無煙のものを選ぶようにします・

・全身浴
お風呂は毎日入る方が多いでしょうから、アロマバスも手軽にできる芳香浴のひとつとなるでしょう。全身浴をする場合は、お湯は少しぬるめのお湯にして、オイルは多くても5滴までで十分です。オイルを落としたら、お湯をよくかき混ぜてから入りましょう。しっかり目覚めたい場合はやや熱めのお湯で入ります。
なおオイルの種類によっては肌に刺激を感じる場合がありますが、気になる場合は洗い流してください。小さな子どもが入る場合は、アロマオイルは少なめに使ってください。

・半身浴
半身浴をする場合は、アロマオイルは3滴以下でおさえておきます。一般的な半身浴は全身浴のときよりも湯温をぬるめにして1時間以上は浸かるようにします。身体が温まるまでに時間がかかりますので、上半身はタオルなどを羽織って汗ばむぐらいまではしっかり浸かるようにします。

・手浴
手浴は手首まで、アロマ湯に浸します、お湯の温度はそれほどぬるくしなくてもよいですがアロマオイルは3滴までにおさえましょう。手浴は気分転換に行なうと効果的です。

・足浴
足浴は洗面器かバケツを使い、座りながら足浴できるようにしましょう。足浴の場合もオイルは3滴ぐらいまでで十分です。

このほかにもより積極的にオイルを吸入する方法として、精油を1~2滴落としたガーゼやハンカチを鼻にあてて吸入することもあります。この吸入方法は呼吸器系の不調を緩和する場合に使われますが、長時間ガーゼやハンカチをあて続けないように注意して行ないます。

また洗面器やマグカップなどにお湯を入れて、そこに3滴ほどアロマオイルを落とし、たちのぼる香りを積極的に吸入する方法もあります。このとき注意するのは目を閉じて行なうということと、やはり長時間行なわないということです。咳き込んでいる場合も行なわないでください。
アロマの香りが薄れてきたらオイルは追加せず、お湯をプラスするようにすると、また香りがたちのぼってきます。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.