産地や天候による精油の品質の違いについて

アロマテラピーで使用される精油は、原料植物の産地や産地の気候によって香りや品質が変わります。
芳香植物の種類は現在200種類ほどあるとされますが、世界各地で栽培されるものもありますし、特定の地域でしかとれない植物もあります。

私たちが毎日食べている野菜を考えればわかりますが、おなじ野菜でも産地によって味や形状まで微妙に異なる野菜もありますし、
品種によってはその違いがもっと際立ってくる場合もあります。
その年の天候によって野菜の品質が変わることもありますが、これがアロマの原料植物にもあてはまるということです。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.