圧搾法

“圧搾法は、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、マンダリン、ゆずといった柑橘系の果皮を使って精油を抽出する際によく使用されます。
柑橘系の油胞はハーブや草花にくらべてたくさんの精油が貯蔵されています。

オレンジの皮を潰すと簡単に精油が抽出できますが、圧搾法はこれとおなじ原理で精油を取り出す方法です。
圧搾法も使用できる原料植物が限定されますが、高温抽出とは違い精油成分を損なわないで取り出せるというメリットがあります。

This entry was posted in アロマ情報. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.