骨盤がゆがむことについて

・ゆがむ原因
骨盤がゆがんでしまう原因として考えられる代表的なものです。
日常的な姿勢では、足を組む、クロス立ちをする、両脚を左右どちらかに崩すという女の子座り。

あとは、ソファで寝てしまう、いつも同じ肩にショルダーバックをかけるといったようなことでも、日常的に行なってしまうことも含まれて居ます。こういったことによって骨盤が開いてしまったり、前後や左右、上下にねじれてしまうゆがみが生まれることになります。もともと女性は、出産に備えて骨盤が開きやすい体の構造になっていて、そのために男性よりも骨盤の開きやゆがみといったものが生まれやすい状態になっています。
・ゆがみでの体への悪影響
骨盤は、体の中心で内臓を守っているという機能があります。これがゆがんでしまったり、開いてしまったりする場合には、内臓が下がってきたり、圧迫されてしまった
体の中心において、内臓を守るという働きのある骨盤が開いたり、ゆがんだりした場合に、内臓が下がったり圧迫されることになります。それによって、体調ではそれぞれの機能が低下してしまい、冷え、むくみ、便秘、生理通、生理不順、不眠、胃もたれ、腰痛、肩凝り、といったような様々な不快症状が生まれてしまいやすい状態になります。
体型の面では、下腹部がぽっこりしてしまいやすくなる、ヒップや腰周りがたるんでしまう、大きくなってしまう。O脚、X脚、外反母趾などのバランスが悪い体型になる。さらに、体が太りやすくなってしまい、顔までゆがみやむくみといったものが生まれていくようになります。
りします。それによって、体調の面ではそれぞれの機能が低下してしまうことにつながり、冷え、むくみ、便秘、生理通、生理不順、不眠、芋タレ、腰痛、肩凝り、こういった不快な症状につながっていってしまうことになります。体型の面では、下腹部がぽっこりとしてしまったり、ヒップや腰周りがたるんでしまう、大きくなってしまう、またO脚やX脚、外反母趾といったようなバランスが悪い体型になってしまうことも考えられます。体質としても太りやすいものになってしまい、体にもむくみ、ゆがみが生まれてしまいます。

管理人使用サイト
親鸞会の仏教の講座に出よう。

This entry was posted in 骨盤がゆがむことについて. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.